2011年07月15日

たまに

「osu 上達」「osu プレイスタイル」
とか検索してこのブログに週2〜3人くらいやってくる。

だが、スキンの事くらいしか書かれてないというw
実はあんまりあれこれ書く気がない。サーセン

でも、上記のフレーズで検索してきた人はたぶん
osuやる→上手くならない→上手くなる方法調べてみる※今ココ
そんな状況な気がする。

そこで手助けと言ってはしょぼいけどメモ程度に思った事書いてみる。

早い段階で自分に合ったプレイスタイルを見つけてそれを極めるに越したことはない。
上手い人でもプレイスタイルは様々。
大まかにプレイスタイルを区別すると
マウスオンリー、マウス+キーボード、ペンタブ(+キーボード)
3種類くらいある。他にはペンタブ二刀流とかイケメンな人がいたりするらしい。詳細は知らん
新たなプレイスタイルを考えて第一人者になるのもおもしろいかもしれない。

メリット、デメリットまとめてみる

マウスオンリー
メリット
片手のみで操作出来る。片手だけ集中すればいいから気が楽な気がする。
マウスとマウスパッドとソールの投資だけで戦える。
デメリット
摘み持ちだと連打でぶれる。かぶせ持ち推奨
クリック連打しまくるだろうからマウスのスイッチすぐ痛む

マウス+キーボード
メリット
右手、左手に役割分担が出来る。ストリームとか楽
マウスのクリック連打しないのでマウスのボタン痛まない。
デメリット
慣れないと左右の手がシンクロしなくてすぐ死ぬ。
マウス、マウスパッド、キーボード、ソール。結構投資しないと真面目に戦えない。
メンブレンキーボードとか使ってられなくなる。

ペンタブ
メリット
慣れるとポインタの操作最強なんじゃないかと思う。
マウスの場合、ソールとパッドの使用状況で滑り心地がまったく違うがペンタブは拭くだけで安定。芯とか変えないといけない場合もあるかもしれないけど
デメリット
壊れたら1万近い出費が待っている。

注意
マウス+キーボード、ペンタブのプレイスタイルは
単発:クリック(マウス)つつき(ペンタブ)
連打:キーボード
という使い分けするやり方もあったりする。


他には、自分に合うデバイス使うと結構変わったりする。
今使ってるそれが自分のボトルネックになってたりするから要注意。
デバイスの掃除も大事。週1回くらいは洗ってあげよう

あとは、譜面が公式にいっぱいうpされてるからいっぱいDLしていっぱいやってたら勝手に上手くなるお。鬼畜なやつとか鬼畜なやつとか

あんま上手くないのにランキング上がりっぱなしという...
Shibamega-0
今だにacc88%wwwww
やり始めた当時と0.01%も変わらん
だめやん

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shibamega/3871529 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔